《視点》シーズンレス

2021/01/22 06:23 更新


 アパレルでシーズンレス商品が注目されている。季節に左右されにくく長期で販売できるアイテムだ。典型的なものはTシャツのような商品。逆に真冬物や盛夏物は販売期間が短い。

 シーズンレス商品に目が向く背景にはコロナ禍で欲しいアパレルが厳選されるようになりトレンドや鮮度よりも快適さや汎用性、使い勝手の良さが優先され、リピート購入したくなるような商品が求められてきたからだ。着用期間が短い物や鮮度が落ちしやすい物は求められなくなってきた。

 メリットは値下げすることなく長期に販売でき、在庫もコントロールしやすいこと。プロパー価格を維持できるため、原価率を上げ、値頃感を追求できる。一方、長期に売れるためには、商品企画では癖をなくし、無駄をなくし、多くに受け入れられる汎用性を盛り込むなど、普通に追求すれば、シンプルでベーシックになりがちだ。

 ブランドの特徴や個性などを反映した企画が求められる。個性あふれるシーズンレス商品としては「ピンクハウス」の綿ローン使いのフリルワンピースだ。他のブランドにはまねできないシーズンレス商品だ。ブランドらしいシーズンレスが求められている。

(武)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop