《視点》LVMHのメンズ革新

2018/04/13 04:00 更新


Medium nui7711  shutterstock.com
nui7711/Shutterstock.com

 メンズの成長率が著しいということだろう。さらにストリートブランドはよっぽどもうかるということか。LVMHモエ・ヘエシー・ルイ・ヴィトングループ傘下のブランドが立て続けに、メンズディレクターの刷新を発表した。いずれも有力者が擁立されており、速報のたびにあちこちで話題になった。

 「セリーヌ」に就任したエディ・スリマンはレディスに加えてメンズとオートクチュールとパルファンも担うことになった。「ルイ・ヴィトン」のメンズのアーティスティックディレクター(AD)には「オフホワイト」のヴァージル・アブロー、「ディオール・オム」には元ルイ・ヴィトンのキム・ジョーンズ、「ベルルッティ」には元ディオール・オムのクリス・ヴァン・アッシュが決まった。

 傘下のブランドで実績を作ってきたADを別ブランドにスイッチさせて活性化を図る戦略は斬新だし、熱狂的なファンを持つラグジュアリーストリートのディレクターを抜擢(ばってき)するあたりも新しい。ビジネスの側面が強く見えるとはいえ、意外な切り口がどんな革新をもたらすのか。にわかに興味津々だ。(規)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop