ヴェルサーチェ NYで19年プレフォールコレクション

2018/12/06 11:00 更新


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5  57

 「ヴェルサーチェ」は2日、19年プレフォールコレクションを初めてニューヨーク(NY)で発表した。マイケル・コースに買収された後の初のシーズンでもある。この日は、故ジャンニ・ヴェルサーチェの誕生日。

 安全ピン、カラフルで大胆なスカーフプリント、肌を露出したスタイルなど、ブランドのアイコン的要素を散りばめたショーとなった。オープニングは、てかてか光るエナメルのジャケット。ユーティリティーディテールを入れつつ、ウエストをきゅっと絞る。

 インナーはアンゴラかモヘヤのようなふわっとしたセーターで、おへそを見せてセクシーな気分を出す。サテンのスカートはローウエストで、長いスリットから太ももを見せる。アシンメトリーに入れたドレープをメタルパーツで留めたのがヴェルサーチェらしい。セクシーでありながら、ブラウンの濃淡でシックにまとめている。

 スカーフプリントはトータルで使ったり、カーキのトレンチコートの後ろ身頃に使ったり。

 メンズはフーディーを合わせ、頭にスカーフを巻いてストリート感覚で見せた。頭に巻いたスカーフとサングラスでレトロな気分漂うルックもあれば、野球帽と蛍光色のファーのスカーフでミレニアルズを意識したようなキュートなルックも混ぜていく。

 ショーが終わるや否や、シャンパングラスをのせたトレーを手にしたウェーターたちが登場し、アフターパーティーがスタート。メドゥーサをかたどったチョコレートもふるまわれた。

(ニューヨーク=杉本佳子通信員、写真=ランディ・ブルック)



Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop