中国の若者に受ける日本の古着 火付け役は日本在住中国人(中国トレンドエクスプレス編集長・森下智史)

2024/01/23 13:00 更新有料会員限定


古着の聖地・下北沢には中国の若者も注目

 中国で新たな日本語が浸透している。それは「古着」。中国語で「gǔ zhuó」(グージュオ)だが、もともと中国にはなかった言葉で近年、ファッショントレンドとして日本から流入し定着した。「二手衣」という言葉はあったがポジティブなイメージはない。

 弊社・ノヴァルカでは中国クチコミ分析ノウハウを用いて、中国版インスタグラム「小紅書(RED)」で「古着」の投稿件数を収集した。「古着」は22年の39万4000件が23年には約85万件に。その年のワードランキングでも「日系」「日本」は2万件に達し、「古着×日本」は22年の1万9000件が翌年は3万件と増えている。

95後世代に受ける

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事