売り場観測・専門店レディス8月 初秋物が動き出す

2019/08/15 06:28 更新有料会員限定


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5   2019 08 14t174856.670

 猛暑が続く中、店頭には初秋物が並び出した。今の時期でも着られるドライなタッチや透け感のある素材に、秋を感じる茶系やトレンドのアニマル柄をのせてムードを高める。スエードやフリンジを取り入れたものも感触が良い。アイテムはスリーブレスのブラウスやドレスを推す。ボトムはパンツの需要が広がっており、今後も期待できそうだ。

 通年着られるデニムアイテムは、一部店舗で協業物を出して話題を喚起する。秋向けの軽アウターも続々と入荷している。紫外線や冷房対策としても活躍し、長く着られる点が支持され、さっそく売れている。色は茶系やベージュ、カーキ、ボルドー、イエローの反応が良い。

【関連記事】売り場観測・専門店レディス6月 夏のドレス充実

ドゥーズィエムクラスルミネ有楽町店

Tシャツ1万2000円、スカート12万円「ドゥーズィエムクラス」、パイソン柄バッグ「ヘイワード」16万円、サンダル「エルニドフリップス」8300円
ニットトップ1万9000円、首に巻いたカーディガン2万5000円「ドゥーズィエムクラス」、スカート「マディソンブルー」11万5000円、ブーツ「メゾン・マルジェラ」14万5000円

■今月のアピール

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop