売り場観測・百貨店キャリア1月 正価品、個性的な商品は堅調

2021/01/29 06:26 更新有料会員限定


Medium %e5%a3%b2%e3%82%8a%e5%a0%b4%e8%a6%b3%e6%b8%ac %e7%99%be%e8%b2%a8%e5%ba%97%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a21%e6%9c%88 %e6%ad%a3%e4%be%a1%e5%93%81 %e5%80%8b%e6%80%a7%e7%9a%84%e3%81%aa%e5%95%86%e5%93%81%e3%81%af%e5%a0%85%e8%aa%bf

 1月の百貨店キャリア売り場は新型コロナの感染再拡大、中旬以降の緊急事態宣言を受けて客数減が続いており、全体的に厳しい状況だ。そうした中で好まれているのは、汎用性や機能性のある商品、ベーシックなデザインと色。ゆったりしたシルエットが人気となった。また、セールよりプロパー品が健闘している店が多い。ブランドのキャラクターや個性が強い商品も根強い。(価格は税込み、セールで変動の可能性あり)

【関連記事】売り場観測・百貨店自主編集12月 コートがやっと動く

西武池袋本店 必要なものにはお金をかける

 緊急事態宣言の影響で人出が少なく客数が大きく落ち込み、厳しい。オケージョンやフォーマルのニーズがほとんどないため、ジャケット、スカート、ワンピースは非常に苦戦している。そうしたなか、家ナカ時間が増えた影響からか、カットソーアイテムが比較的伸びている。自宅で洗いたいというニーズから、きれいめに見えながらもイージーケアの商品の需要がさらに高まっている印象。段ボールニットのパーカやニットトップが人気。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop