商社の繊維事業 大量生産、大量廃棄への対応が重点

2020/02/14 06:27 更新有料会員限定


Medium %e7%92%b0%e5%a2%83%e9%85%8d%e6%85%ae%e5%9e%8b%e7%b4%a0%e6%9d%90%e3%81%8c%e6%b5%b7%e5%a4%96%e5%b8%82%e5%a0%b4%e9%96%8b%e6%8b%93%e3%81%ae%e8%b6%b3%e6%8e%9b%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%81%9d%e3%81%86%e3%81%a0 %e5%86%99%e7%9c%9f%e3%81%af%e5%b8%9d%e4%ba%ba%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%81%ae%e5%b1%95%e7%a4%ba%e4%bc%9a

 商社は繊維・アパレル事業の中長期にわたるサステイナブル(持続可能)な在り方を考え、実践する時を迎えている。急速なデジタル技術の進化やグローバル化、それに伴うライフスタイルの多様化、社会・環境問題に対する関心の高まりがファッションビジネスに変化をもたらし、物作りを中心にアパレル業界をサポートしてきた商社のビジネスは転換期に入った。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop