【記者の目】強まる商社のサステイナブル提案

2019/08/12 06:30 更新会員限定


Medium %e8%9d%b6%e7%90%86%e3%81%ae %e3%83%8a%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%80%e3%82%a4

 商社はこの間、サステイナビリティー(持続可能性)をうたった展示会を競い合うように開いている。特に昨年ごろから、自然環境に配慮した素材の提案が一段と加速した。環境に配慮し、持続可能な社会、経済の実現を目指そうとする世界的な潮流が背景にある。

(本社編集部素材・商社担当=小堀真嗣)

官民の動きがプレッシャー

 欧米では「バーバリー」の在庫処分方法や、グローバルSPA(製造小売業)の不当労働などに対する世間の風当たりの強さが象徴するように、消費者の意識が高く、アパレル企業側の取り組みも進んでいる。一方、日本の消費者は、自然環境や安全を優先した消費意識が食品ほど高くないためか、企業側の取り組みは比較的ゆっくりだった。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop