《小関翼スタイラーCEOのファッションテック考現学②》消費者の利便性を超えるBOPIS

2022/07/04 06:28 更新有料会員限定


Medium image1  1 760
米ターゲットの商品受け取りカウンター(筆者撮影)

 83%。これは19年に米国でBOPISを利用した人の割合です(statistas調べ)。BOPISは、Buy Online Pick-up In Storeの略で、オンラインで注文して店舗で受け取るサービスを意味します。古くはユーザーがパソコンを利用しており、クリック&コレクトとも呼ばれていました。ユーザーの利用する情報機器がパソコンからスマートフォンに移行したことで、このトレンドは一層強くなっています。

【関連記事】《小関翼スタイラーCEOのファッションテック考現学①》OMO時代の店舗の運営指標

コロナ前からの流れ

 このコラムは、コロナ禍後をテーマにしていますが、前述の調査期間からも明らかな通り、コロナ禍前からの長期的な店舗のトレンドになっています。日本でもアパレル企業を中心に対応が求められていますが、どのような理由で広がっているのでしょうか。以下、列記します。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定デジタル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop