《小関翼スタイラーCEOのファッションテック考現学①》OMO時代の店舗の運営指標

2022/06/27 06:27 更新有料会員限定


Medium solo 10  2   1

 とかくバズワードを担ぐコンサルタントに惑わされ、方向性を見失っている企業がファッション業界では少なくない。日本だけではなく、先行している世界の事例を参考に、学びとなる理論をスタイラーの小関翼CEO(最高経営責任者)が紹介する。

 本稿を読まれている方は、コロナ禍以降に何が残っているのか、気になっているのではないでしょうか。アマゾンに務めていた私が起業し、ファッションテックを日本に紹介したのが15年。その後、日本でも普及しました。一方、22年はどうでしょう。ブロックチェーンやAI(人工知能)といったテーマで資金を集めていた企業の時価総額は大きく値を落とすなど、そのトレンドは揺り戻しにあっています。では、一体何が価値あるものとして残るのか。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワードデジタル電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop