ストライプ「メゾン・ド・フルール」派生の服ブランド

2018/12/04 12:00 更新


Medium %e3%83%a1%e3%82%be%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%96

 ストライプインターナショナル は19年春、服飾雑貨業態「メゾン・ド・フルール」の派生アパレルブランド「メゾン・ド・フルール・プチローブ」を販売する。

 身長154センチ以下の小柄な女性にターゲットを絞り、デート、パーティーシーンで着用きるブラックドレスを主力アイテムに、ワンピース、カーディガン、スカートなどを展開する。19年秋には単独出店をめざす。

【関連記事】ストライプ「メゾン・ド・フルール」 今期も2ケタ増収増益

 プチローブは、メゾン・ド・フルールのフェミニン、カワイイ、クラシックのビンテージスタイルを取り入れたフレチガーリーテイストを服に落とし込みながら、Sを標準サイズに小柄な女性に絞っているのが特徴。洋服が市場にあふれる中で、独自性とターゲットを鮮明にし、ファンを獲得する。

「メゾン・ド・フルール」の派生アパレルブランド「メゾン・ド・フルール・プチローブ」

 メゾン・ド・フルールは6年目を迎え、今期(19年1月期)も売り上げは前期比2ケタ増と好調。店舗やEC購買データ、SNS情報発信、他ブランドとの買い回り分析から、ファッションスタイルもガーリーなワンピースを好む客が多いため、服を展開することに決めた。

 主力アイテムはブラックドレス。Sサイズを基本にパターンを設計、バスト下周囲約84センチの細い身幅、コートから少しのぞく丈の長さなど、小柄な女性がかかえる既存服での悩み解消に応えている。メゾン・ド・フルールで定番ディテールのリボン、パール、ビジュー使いを盛り込む。国内生地使い、国内縫製が中心。

 販売は19年3月からECでスタート。来秋に出す店舗は同ブランド単独を予定し、一部雑貨も加えて提案する。メゾン・ド・フルール店舗では販売しない。4日から自社ECのストライプクラブで先行予約販売を開始する。ブラックドレス2万円(本体)、カーディガン8900円。

主力アイテムのブラックドレス

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop