ストライプインター はとバスガイドの出向受け入れ 人材交流でCS向上に寄与

2021/10/15 06:26 更新


 ストライプインターナショナルは11月1日から、はとバス(東京)からの出向者の受け入れを始める。はとバスがバスガイドを出向させるのは初めての試み。今後は人材交流に加え、研修面でも相互に高め合い、互いのCS(顧客満足)向上に寄与させていく。対象ははとバス観光バス事業本部に所属するバスガイド職26人で、首都圏の「アースミュージック&エコロジー」「グリーンパークス」「アメリカンホリック」などの店舗で接客業務をする。5カ月を予定とする出向期間満了後は、はとバスに戻ることが条件。

 今回の受け入れに先駆け、7月1日からはとバスの事務職15人をブランド店舗で受け入れてきた。店頭では「すでに頭角を現し、売り上げアップやお客様との関係構築に大いに貢献している」という。接客力の高いバスガイドを店舗に迎えることで、同社販売員の接客レベルも上がり、楽しい買い物体験の提供になると確信している。

 はとバスの岩脇明宏広報室長は「業種は違うが、観光需要の減少とともに減っている接客やお客様サービスの機会を同じサービス業を通じて実地に得られるチャンスで、新たな発見もあるものと考えている。この貴重な機会を帰任後の仕事にも生かしてほしい」とコメント。ストライプインターナショナルの川島学人事部長は「様々な背景を持つ販売員が店頭に立つことで、お客様により多くの付加価値を提供できる」と話す。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop