「スキンアウェア」19年春夏 エーゲ海をテーマに

2018/11/09 06:25 更新


Medium %e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a2

 エーダブリューエー(東京)のオーガニックコットンのワンマイルウェアやナイトウェアなどの「スキンアウェア」は、19年春夏、エーゲ海をテーマに、リゾートでゆったりと過ごすような、ナチュラルでリラックスしたウェアを充実する。

【関連記事】「スキンアウェア」が「bdaオーガニック」と協業商品

 布帛のシャツドレスやブラウス、プルオーバー、ボレロ、ジャージーと布帛を組み合わせたキャミソールドレスやコンビネゾンなど、自由な組み合わせを楽しめるアイテムを揃えた。さらっとした着心地やエアリーでボリュームのあるシルエットを作る布帛のアイテムが多いのが今シーズンの特徴だ。

 ナイトウェアではヘンリーネックTシャツタイプのトップ、フェミニンなワンピースなどが加わる。インナーでは70年代をイメージしたストライプやチェックの布帛を使った水着のようなブラジャーとショーツを作った。

 毎シーズン取り入れている「ボタニカルダイ」は、ローズマリーやクチナシ、バジルなどを使った。ローズマリーは、エーゲ海周辺の乾いた土のような色を表した。ナイトウェアやインナーではアロエで染めた爽やかなイエローグリーンが加わる。

リゾートにもタウンにも使えるリラクシングウェアが充実する(ボレロ1万5000円、ブラキャミソール7400円、パンツ1万8000円)
70年代をイメージした水着のようなインナーも

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop