20~21年秋冬レディスシューズ 輪郭で見せるシンプルブーツ

2020/06/10 06:27 更新有料会員限定


Medium fotojet  4

 国内外のデザイナーブランドの20~21年秋冬レディスシューズは、曲線の美しさに着目したデザインが目を引く。マスキュリンなコートやボリューム袖など存在感のあるアウターに調和する引き締まった形だ。そぎ落としたシンプルなフォルムをいかに立たせるか、作り手の経験も反映されている。

(須田渉美)

【関連記事】《ここがポイント20~21年秋冬欧州シューズトレンド㊤》マスキュリン+軽いボリュームソール

◇ロングブーツに期待

 昨年、一部のセレクトショップで早々に売りきれたロングブーツは、今秋冬のキーアイテムとして期待が高まる。国内のデザイナーの多くが、工場との妥協のない物作りで完成度を高めており、手に届く価格帯とあって、展示会でも「既存の取引先はほぼ全て発注した」ケースは少なくない。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop