インナーの島崎 「フリープ」のシンプルシリーズを刷新

2019/05/30 06:27 更新


Medium %e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%97 %e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba  1   1

 インナーメーカーの島崎(埼玉県秩父市)のオリジナルブランド「フリープ」は19年秋冬、定番のシンプルシリーズを7年ぶりに刷新する。

 「スマイルコットン」を使い、肌への刺激を極力減らすことを目指すフリープ。19年秋冬は細部の仕様を見直し、より着心地を改良した。ブラジャーとカップ付きインナーはユーザーの要望に応え、ネックラインの開きを広げるほか、カップ裏のダーツや首元内側のステッチをなくし、肌当たりを軽減した。

 また、パッドを出し入れしやすいよう、パッドのポケット口を広くした。ショーツはウエスト部分のパワーネットを二重から一重に変更してフィット感をソフトにし、三分丈ボトムは股下の接ぎ目を脇に移動して内ももに縫い目が当たらないようにした。三分丈ボトムは1枚ばきができるよう、マチを付けた。

7年ぶりに全面刷新したシンプルシリーズのブラジャーとショーツ

 シンプルレーシーシリーズも同時に刷新した。ブラジャーのカップ裏にはサイドパネルを付けてバストをソフトに寄せられるようにしたほか、パッドのポケット口はシンプルシリーズと同様に広くした。新商品として着脱しやすい前開きのカップ付きタンクトップを加える。

 18年秋冬の販売は暖冬の影響もあり、前年同期並みにとどまった。今期はこの間力を入れている病院ルートの開拓をさらに進めるため、7月に開かれる日本乳癌(にゅうがん)学会学術総会に企業出展も予定している。

シンプルレーシーシリーズは前開きのタンクトップなど新商品も加える

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop