「シブヤ109ラボ所長の#トレンド大賞2019」

2019/12/21 06:28 更新


Medium  %e6%9c%80%e7%b5%82 %e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e5%a4%a7%e8%b3%9e

 先日、「シブヤ109ラボトレンド大賞2019」を発表いたしました。

【関連記事】「シブヤ109ラボ所長の#これ知ってないとやばみ」

 「ヒト」「アーティスト」「ドラマ・番組」「コスメ・スキンケア」「ファッション」「カフェ・グルメ」について、12人の高校・大学生とともに、各部門のノミネート一覧を選定し、渋谷109来館者300人へのアンケート調査で大賞を決定いたしました。令和元年、アラウンド20(15~24歳の男女)の間でトレンドとなったものをいくつ知っていますか?

「異名」が話題に

 若者の心をつかみ、トレンドとなるものの共通点としては、昨年に引き続き「親近感があること(身近な存在に思えること)」と「応援したくなること」ですが、今年はそれに加え、「SNS上で共通言語が生まれ、語られること」も特徴として挙げられます。

 たとえば「ドラマ・番組部門」では、視聴者同士で盛り上がるコンテンツ、中でも活発に「考察」されたものがランクインしています。第1位の日本テレビ「あなたの番です」は、ツイッターで「#あな番考察」のハッシュタグ投稿が大いに盛り上がり、ユーチューブでは考察動画が投稿されるなど、推理の共有・意見交換がされていました。第3位のアベマTVの恋愛リアリティーショー「オオカミちゃんには騙(だま)されない」でも、「オオカミちゃん」が誰なのかを予想する動きが多く見られました。

 「コスメ・スキンケア部門」「ファッション部門」では、商品名とは別に「異名」がつけられたものが話題となりました。

 「コスメ・スキンケア部門」第1位のロート製薬「スキンアクアトーンアップUVエッセンス」は「#ラベンダー日焼け止め」という名前のハッシュタグでSNSで認知されました。第2位の「ブラウンリップ」は多数のブランドから発売されていますが、中でも「ちふれ」の人気が高く、リップの色番「#748」のハッシュタグで話題となりました。第3位の韓国の化粧品ブランド、イニスフリーの「ノーセバムミネラルパウダー」は、「韓国の国民パウダー」「すっぴんパウダー」として浸透しています。

 これらの商品は、ユーチューバーが商品を紹介したり、インスタグラムで話題になったことから、店頭で品切れが続出するという現象も起きています。

自然発生的に

 「ファッション部門」でも、今年はベージュを基調としたスタイルと、全身を同系色でそろえる「ワントーンコーデ」がトレンドでしたが、「#消えそうな色コーデ」という異名で語られていました。

 これらはSNS上で自然発生的に生まれたもので、他にも多数存在しており、実際にアラウンド20たちはSNSでこの異名を検索し、情報収集しています。アラウンド20にしかわからないワードも多くありますが、同じ嗜好(しこう)を持つ彼女たちの間で共通言語となり、分かりやすく端的に商品の魅力を表現する異名は、そのキャッチーさからSNS上で語られやすくなっていることがポイントです。

●長田麻衣(おさだ・まい)
 シブヤ109ラボ所長。総合マーケティング会社で、主に化粧品・食品・玩具メーカーの商品開発・ブランディング・ターゲット設定のための調査やPRサポートを経て現職。毎月200人の若者と接する毎日を過ごしている。好きなものは、うどん、カラオケ、ドライブ。

(繊研新聞本紙19年12月13日付)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop