上海発着の物流再開 高額運賃、納期設定なしで混乱続く懸念

2022/05/06 06:29 更新会員限定


Medium 2059fc0fc0166bad3aa19cba02de260
今後も納期遅れの混乱が続くと予想されている

 【上海支局】中国では新型コロナウイルス感染による都市封鎖がいまだ続くが、上海ではようやく物流や工場が徐々に動き出した。ただし物流の稼働量が少ないためか、運送費が通常の4~8倍に高騰し悲鳴が上がる。今後は物流、工場のキャパシティー争奪戦も発生する見通しで、特に加工は取り合いが必至。加えて「納期条件なし」の取引が増えているため、都市機能が回復しても当面は納期遅れが続く可能性が高い。また、中国のアパレル市場は21~22年冬物販売の不振に加え、22年春物販売・秋冬物受注も吹き飛んだため、倒産企業増加の懸念が強まっている。

【関連記事】上海ロックダウンで買い物の仕方が変化?! 住民ニーズのまとめ役「上海団長」に注目

関連キーワード会員限定新型コロナウイルス情報


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop