繊維評価技術協議会 紫外線遮蔽加工マークの認証基準を制定

2020/10/16 06:26 更新会員限定


Medium %e7%b4%ab%e5%a4%96%e7%b7%9a%e9%81%ae%e8%94%bd%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af
10月から認証申請の受け付けを始めた

 抗菌防臭や抗ウイルスなどのSEKマークを認証する繊維評価技術協議会(繊技協)は、新しいSEKマークとなる「紫外線遮蔽(しゃへい)加工マーク」の認証基準を制定し、10月1日から認証申請の受け付けを始めた。19年1月に制定された「JISL1925繊維製品の紫外線遮蔽評価方法」に基づき、現在7機関11カ所ある指定試験機関で評価し、認証基準をクリアした繊維製品を認証する。

(小堀真嗣)

 試験時の測定波長は紫外線に該当する290~400ナノメートルの光を対象の繊維製の生地に特定の方法で照射し、「生地の性能」として評価する。適用される生地の範囲は主に、加工剤を練り込んだ繊維を使った物や、加工剤を後加工した物。使用した加工剤ごとに登録が必要となる。そのほか、加工剤を使用しなくても濃色の生地や、高密度の生地、繊維自体の特性によって紫外線遮蔽効果を発現する物も含まれる。

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop