SCディベロッパー テナント賃料減額へ 「共存共栄」に国の支援必須

2020/04/24 06:30 更新有料会員限定


Medium 1ec88b0d 10aa 4ffa 82d7 4fd47f3fddb5

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でSCの売り上げが3月から大きく落ち込み、4月7日の緊急事態宣言以降多くの施設が一時休館するなか、テナントの賃料減額がディベロッパーに求められている。

 既に、ルミネやイオンモール、セブン&アイグループなどが最低保証賃料や固定賃料を減額ないしはその方針を表明。他のディベロッパーも賃料の支払い猶予や販促費の免除を含め、テナントの負担軽減に取り組む意向だ。

 ただし、賃料減額はディベロッパーの収益も悪化させる。日本のSCの発展につなげたディベロッパーとテナントの「共存共栄」モデルを持続させるためにも、国の支援が必要だ。

(有井学)

【関連記事】店舗休業相次ぐファッション小売り セレクトは全店の5~7割

■具体策詰め切れず

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード新型コロナウイルス情報電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop