ローズバッド 今秋冬から新ブランド「クレオルム」

2018/06/18 11:00 更新


Medium %e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%aa%e3%83%ab%e3%83%a0

 ローズバッドは18~19年秋冬向けから、新ブランド「クレオルム」を販売する。ミリタリーやワークなどビンテージとストリートを素材やフォルムで表現する。主な対象は20代後半~30代の女性。一部を除く全国のローズバッドで販売する。

 シーズンの始まりの9月は、〝オフビート〟をテーマにする。量感アウターやワークアイテム、ニットトップなどをレイヤードした新しいスタイルを提案する。

 ストレッチ裏毛のフード付きプルオーバーは、本体、袖口、ポケット部分の素材を変えた。フードのひもをネオンカラーにしたのもポイント。大きめのシルエットにして重ね着で遊べるようにした。ほかに、後ろ身頃がゆったりとしたフィッシャーマンニットトップや、写真や文字をプリントしたカットソーなどを揃える。

 ボトムは合気道のはかまをヒントにスーツ素材で今っぽく仕上げたワイドパンツや、パテントレザーのロングスカートなど。ロングスカートは3本ステッチとベルトでワークの要素を加えた。

ローズバッドの根底にあるストリートやビンテージを現代風に表現した「クレオルム」

 アウターも種類を豊富に作った。トレンチコートのライナーをイメージしたロングコートはパイピングでミリタリーの表情に。ショート丈のワークジャケットは、内側に肩ひもを付けてビュスティエ風にも着られる。

 中心価格はアウターで3万円台後半、シャツとカットソー1万5000円、ニット1万円台後半、ボトム1万円台後半~2万円台後半など。

 各シーズンの初めには古着をリメイクした一点物も販売。古着はクレオルムのデザイナーが買い付け、縫製もする。渋谷本店と新宿店で10点ずつ販売する。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop