小売りのプロが手掛けるブランド アイテム絞ってイメージ鮮明に

2021/01/12 11:00 更新有料会員限定


Medium 0101

 小売りのプロフェッショナルが手掛けるブランドが伸びている。マーケットを熟知したセレクトショップのバイヤーやオリジナルブランドのデザイナーが、そのスキルを生かして作るブランドだ。ここ数年は、アイテムを絞ってイメージやコンセプトを分かりやすく伝える手法が目を引く。4、5年前に広がり始めた流れが進化している。

(青木規子)

 欲しいと思わせる気の利いたデザイン、手は込んでいるけれど買える価格、小売りのプロフェッショナルによるブランドは、コンセプトや価格が的を射ている点が人気の理由だ。ファッション好きの目利きのセンスと、小売りのプロの商売の感覚がうまく融合することで、高い消化率をたたき出している。ファッション消費が落ち込むなか、目立つ存在になっている。

■軽やかな量感がポイント

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop