楽天×幻冬舎、スマホファッション誌

2015/04/13 13:30 更新


Medium p01

 楽天は14日、雑誌社の幻冬舎と共同でスマートフォン専用の無料ファッション誌『ジンジャーミラー』を創刊する。20代後半から30代の働く女性をターゲットに、スマホ閲覧でき、ECと連動してすぐに商品購入できる電子媒体となる。

 同社が雑誌社と組んで、スマホ専用雑誌を発行するのは初。幻冬舎の既存雑誌『ジンジャー』とは内容が別のEC連動企画が軸になる。

 特集は『ジンジャー』編集部が監修し、雑誌と同じ目線の商品セレクト、スタイリングを行いながら、洋服店に行く時間がない働く女性に向け、ファッショントレンドや注目商品を雑誌のように紹介。そして掲載商品は楽天市場に出店しているストアの商品のため、即購入できる。

 創刊号は14日午後12時にリリースする。「春ファッション、コスパな買い物図鑑」をテーマに、16特集を企画。服や小物など約400アイテムを紹介・販売する。企画は値頃感を重視し、「1万円以下で買える」「3000円内で収まる」といった目次を打っている。販売商品は楽天市場に出店しているストアやブランドが出品しているもの。

 多くの女性に閲覧してもらうため、アプリではなくウェブ閲覧の形態をとる。次号は6月末に発行する予定。その後に季刊か隔月発行を決める。

 楽天市場は現在デバイス別流通比率はモバイル44%となり、モバイル率は約3倍で増えている。購買商品は、レディスではファッション、美容・コスメ、ベビー服が強い。そのためファッション雑誌社と組んで、今後増えていくスマホからのアパレル購買に対応・強化する。

 また、幻冬舎では毎月楽天市場で「ジンジャー」協業商品を販売しており、商品売り上げは4年前から安定的に伸びている。30代は雑誌媒体へのニーズも根強いが、今後はスマホを使っての情報入手・商品購入のハードルは下がっていくと見る。継続している楽天との協業商品も強化していく考え。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop