セレクトで人気のレディス 20年プレスプリング&春夏

2019/09/17 06:28 更新有料会員限定


Medium %e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%aa%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5  8

 セレクトショップで人気のレディスブランドの20年春は、さらりとしたコットンやリネン、リラックス感のあるシルエットが広がっている。カラーパレットは19年春夏以上にナチュラルになり、オフホワイトやベージュ、キャメルが充実する。メンズアイテムを軸にしながら、女性らしいエレガンスを描くデザインが多く、ちょうど良いさじ加減が好評だ。

(青木規子)

 17~18年秋冬デビューの「ラシュモン」は、ドゥーズィエム・クラスの元バイヤー・MDの織田菜穂子がディレクターを務める。現在、フリーのファッションディレクターとして様々なブランドのディレクションを手掛けながら、自身のブランドで卸し先を広げている。ブランド名は仏語で「ゆるく」の意味。すてきな大人が生活するパリの、歴史を受け継ぎながら少しずつ変化していく空気感を大切にし、肩の力を抜いて毎日袖を通せる服を目指しているという。トレンチコートやボーダーのトップ、デニムパンツといった定番を軸に、軽やかで洗練されたエレガンスに仕上げている。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop