フェニックス・グループHD 中国で着実な成長見込む

2019/09/13 06:27 更新有料会員限定


Medium 1902 %e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9 %e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%8b%e3%83%bcdsc 4356  1
アンソニー・キョン社長兼CEO

 香港のフェニックス・グループ・ホールディングスは、ブランド事業やカシミヤ紡績糸の販売などで中国市場向けを強め、着実な成長を目指す。

(高田淳史)

 「アンテプリマ」などのブランド事業は、香港のデモの影響を受けるまでは昨年と比べ3~4%増ペースで推移していた。「6、7月はデモの影響はそれほどなかった」(アンソニー・キョン社長兼CEO=最高経営責任者)と6月は9%増、7月は月末の台風の影響などもあったが2%減。「デモだけならそれほど影響はないが、暴動になると大きく響く。また中国人観光客の比率が高い店は客数が減り、ダメージが大きい」としてアンテプリマの香港・ハーバーシティ店などが苦戦する。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop