「エムズグレィシー」春夏 幅広い層へワントーンコーデ

2019/11/19 06:26 更新


Medium %e3%82%a8%e3%83%a0%e3%82%ba1

 「エムズグレィシー」は20年春夏から、より若い世代を意識したシンプルで今っぽいラインを販売する。百貨店にある直営店、専門店からの要望もあり、将来に向けても顧客の幅を広げる狙いがある。

【関連記事】19年春夏百貨店バイヤーズ賞レディス 28ブランドが受賞

 新しいラインは、その色が特徴的だ。ラテカラーと呼びたいトレンドのブラウン系からくすんだオレンジやピンク、ブルー、オフホワイトのワントーンスタイリングを提案している。ダブル前二つボタンの軽く透けるロングコート、ノースリーブのベルテッドジャケット、サテンやシアー素材のブラウス、それらとセットアップできるパンツやスカートがある。

 シルエットもエムズグレィシーならではのフィット・アンド・フレアは控えめ。流れるような優しいニュアンスに仕上げている。とはいっても、ウエストや袖口のゴムシャーリング、袖に走らせたフリル、付属のコサージュなどにこのブランドらしい甘さがある。

ノースリーブジャケット3万9000円、ブラウス1万8000円

 本ラインは、ニットトップやデニムを使ったスカートなど自由に組み合わせられる単品が充実する。特にニットは、ステッチのように点線の柄を編み込んだセーターとカーディガン、ヘムをメロー仕上げにしたプルオーバー、パールボタンがずらりと並ぶ和紙糸ニットのカーディガン、レトロな雰囲気のドルマンスリーブのプルオーバーとバリエーション豊富。マリンの要素を入れたデザインも。

 デニムスカートはシャツ地のようなストライプの切り替えやチュールを重ねたフレアシルエットが目新しい。アウターは可愛いカットワークのブルゾン、ドレスはスズランのプリントものなど。

ブラウス2万円、スカート2万4000円

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop