カジュアルメーカーの水甚 「アーノルドパーマー」のライセンス取得

2020/10/27 06:28 更新有料会員限定


Medium e749d2a9 0dde 4b96 8456 08d0ad06f652
水甚の中村社長

 カジュアルメーカーの水甚(岐阜市)は、米アーノルドパーマーエンタープライズ(オハイオ州)と「アーノルドパーマー」でメンズ、レディス、キッズ、ショップ展開のライセンス契約を結んだ。21年3月をめどに生産・卸販売、店舗出店を開始する。25年末に約100店舗、売上高は70億円(小売りベース)を目指す。

(吉井稔)

 水甚は、同ブランドで「若い世代のファミリー層に向け商品企画を進める。ブランド認知度の高い層も含めて長年の支持もあり、取り込みたい」(中村好成社長)としている。ターゲットは30~40代のファミリー層。

 同ブランドはシンボルである赤・黄・白・緑の傘のマークを〝レガシー〟と呼び、直営店及びセレクトショップ向け卸に使用する。単色の傘マークはレディス向け〝アーニー〟、メンズ向けの〝レタリング〟があり、チェーンストアやGMS(総合小売業)平場向けの卸商品を対象に使う。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop