「パトリック」のアパレルライン 60型でデビュー

2017/10/17 11:00 更新


Medium %e3%83%91%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af%ef%bc%92.tif

 三井物産アイ・ファッション(MIF)は18年春夏、シューズブランド「パトリック」のアパレルライン「パトリック・ダブルスラッシュ」をデビューさせる。シューズを企画・販売するカメイ・プロアクトとライセンス契約を結び、ウェアやアクセサリーを企画する。セレクトショップへの供給を想定しており、伊澤良樹氏をディレクターに迎え、カットソー、ソックスなど60型を揃えた。

【関連記事】三井物産IF 「パトリック」のアパレルライン販売

 パトリック・ダブルスラッシュのコンセプトは「スポーツをしている時間とスポーツをしていない時間の境界で着られる服」。春夏はフランスに親しみのあるスポーツに着目し、秋冬はウィンタースポーツを通してフランスのアウトドアライフを表現する。タグや下げ札は新たに作成し、縫製は日本。ダブルスラッシュ・アイコンをあしらったカットソーが代表的なアイテム。トップ8500~1万1000円、ボトム1万3000~1万5000円、アクセサリー2000~1万5000円。セレクトショップには卸だけでなく、デザインを共同企画するODM(相手先ブランドによる設計・生産)も検討する。

 MIFはアパレルラインの投入により、パトリックブランド全体の認知度向上を目指す考え。アパレルでイメージを強く発信することで、シューズ販売との相乗効果を見込んでいる。この一環として、シューズの直営店でのアパレルラインの販売も計画している。

赤が目を惹くタグや下げ札はオリジナルで作成した 
ダブルスラッシュ・アイコンをあしらったカットソーがキーアイテム


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop