メンズ「メアグラーティア」 海外販路開拓に挑戦

2018/05/16 04:27 更新


Medium %e3%83%a1%e3%82%a2%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a218%e5%b9%b4%e7%a7%8b%e5%86%ac %e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%83%8a%e3%83%ab%e7%94%9f%e5%9c%b0meagratia2018aw 09

 メンズブランド「メアグラーティア」は今年から海外販路開拓の挑戦を始めた。年初に米国ニューヨークの合同展「リバティ」に初出展し、6月にパリの合同展「トラノイ」に出展する予定だ。海外市場を視野に入れ、前倒しした国内展示会では今回からスタートしたユニセックスラインも好評だった。

(大竹清臣)

 ニューヨークでは現地の雑誌に取材され、大きく掲載されただけでなく、米国南部のセレクトショップからオーダーがあったという。ニューヨークで好評だったのは、太畝コーデュロイのセットアップ(ブルゾン3万8000円、パンツ2万7000円)。デザイナーの関根隆文代表は「11年にブランドを立ち上げ、今年は次のステージへ上がる勝負の年と位置付ける」。

 18年秋冬物ではチェコの人形映画をテーマに、ギミックを駆使したメンズウェアを提案した。桐生産地に入り込みオリジナルで開発した生地は、外側のストライプ柄の内側にチェック柄のガーゼをニードルパンチで付けて切り替えたように見える。その生地でスリーピーススーツ(ジャケット5万6000円、ダブルブレストのジレ3万2000円、パンツ3万5000円)を作った。

 そのほか、80年代古着の肩から袖が極太の1枚はぎのパターンによる〝ダサカワイイ〟ブルゾン(2万5000円)やチェコのコインの裏側にあるライオンを刺繍したセーター、チェコの国花、菩提樹を刺繍したシャツ(2万5000円)などがある。

ニードルパンチによるオリジナル生地のスリーピース

 ユニセックスライン「ニュートルム」はフリーサイズでガウンシャツやウールのノーカラーコート、超ビッグサイズのスヌードなどを揃えた。継続して提案しているフラワーアクセサリーも人気が出てきた。ドライフラワーをレジンで固めたラペルピン(3500円)は、ギフト需要として女性にも売れている。

 海外出展のため、サンプル製作が大幅に早まった分、既存の卸し先である地方の個店に出向くことができ、先行した受注会の反応も良かったという。

ユニセックスラインのコート

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop