MBFWT、ビューティフルピープル

2015/03/19 10:27 更新


Medium 8338864bcf879b1fc73d21595660a731

《15~16年秋冬メルセデス・ベンツ・ファッション・ウィーク東京/東京コレクション》
「エクストラヴァージン」のエレガンス ビューティフルピープル

 可愛らしいムードを得意とする東京のブランドが、大人の女性のための服という次のステージへと進み始めた。ブランドらしさを大切にしつつも、上質な素材やシルエットなどでシックなイメージへと向かっている。

(五十君花実、小笠原拓郎)

ビューティフルピープル

 ビューティフルピープル(熊切秀典)が、キュートなイメージから大人のエレガンスへと進み出した。テーマは「エクストラヴァージン」。誰も触ったことがないほどの上質素材といったニュアンスで、プレコレクションに続きキャメルやカシミヤ、アンゴラといった天然素材をぜいたくに使う。といってもコンサバな雰囲気ではなく、どこか遊び心があるのが相変わらずにくい。キャメルの天然の色を生かしたトレンチコートに、ネルチェックに見えるローシルクのシャツドレス、アザラシのファーのブーツ。

 トラッドを軸に、ノマド調のマントやラップスカートを差してポイントにする。胸元には、素材の由来となった動物のブローチを飾った。強化しているバッグでは、ランドセル工場と組んでワンハンドルバッグを企画。元々、大人のためのキッズサイズウエアで人気となったブランドだけに、そのアイデアを生かした形だ。この間、デザイナー本人が出演したり、テニス選手が現れたりとキャッチーなショーを続けていたが、今回は演出も正統派。そこにも大人への脱皮を感じた。

ウジョー

 ウジョー(西崎暢)は、ユーティリティーアイテムをベースにインサイドアウトやレイヤード、アシンメトリーのディテールを取り入れた。コートはキルティングのライナーをインサイドアウトで着たり、レイヤードのように裾からのぞかせる。ニットドレスは、セーターの片側のサイドシームを割ったようなディテールで、アシンメトリーに布を流してロングシャツやレースドレスを重ねて見せる。シンプルなカッティングだが、布の流れ方やレイヤーリングのバランスが可愛い。ショーピースとしての意味だけでなく、商品としてのクオリティの高さも感じさせる。

(写真=加茂ヒロユキ、大原広和)

(続きは繊研新聞で=お申込はこちら

_______________________
◆◇ お知らせ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◆「15-16年秋冬繊研レディストレンドセミナー」

◇日時・場所
大阪会場=3月25日(水)午後1時00分~4時30分、エルセラーンホール
東京第一会場=3月26日(木)午後1時00分~4時30分、津田ホール
       ※残席わずかです。お早目のお申し込みをお願いいたします。
東京第二会場=4月 3日(金)午後1時00分~4時30分、シダックス カルチャーホール
       ※満席につき、キャンセル待ちを受け付けております。
◇講師=小笠原拓郎、青木規子(本紙記者)
◇受講料=1万1000円(税込み)
◇問い合わせ・申し込み=繊研新聞社「トレンドセミナー事務局」
詳細はこちら


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop