「ファーファー」20年夏 〝ジャンク〟をモダンに

2020/02/14 06:25 更新


Medium %e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc 20%e5%a4%8f

 マッシュスタイルラボのレディスブランド「ファーファー」の20年夏物は、〝マイスイートジャンク〟をテーマに企画した。一見価値のないようなモチーフや昔懐かしいアイテムも、視点を変え、新たなクリエイションによってデザインの面白さを出した。

【関連記事】クラシコ×「ジェラートピケ」 女医向け白衣を発売

 荷物をまとめるときに使う薄くて幅のあるカラーテープ。これをイメージしたテープ状の素材をノースリーブのニットトップに編み込み、モードな1着に仕上げた。プリント物のドレスは、押し入れから引っ張り出した古い絵画や、大事にしまっておいたプレゼントの包装紙などをテキスタイルで表現した。

 ウエスト部分をねじったディテールが特徴のスカートは、ゴミ袋の結び目がアイデアソースだ。海に流れ込む汚染物のイメージも、カラフルなマーブル模様のようにしてプリーツスカートに落とし込んだ。民族衣装や伝統技法のディテールを、モダンにアレンジした服もある。

 雑貨では、懐かしいカメオのネックレスや定番のローファーを、ファーファ―らしいカラーリングに塗り替えることで新鮮に見せる。

シーズンテーマをプリントなどで表現した

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop