「ラドロー」22年秋冬 シャープなカットで新しい魅力

2022/07/01 06:28 更新


Medium img 8752760
ラドロー22年秋冬

 デザイナーの森田えりかが手掛ける「ラドロー」は今秋冬、メンズライクな線の強さを感じさせるワードローブを揃えた。バッグに次いで、洋服のラインは20年にブラウスからスタートし、ドレスやテーラードジャケットなどを揃えてきた。生地をぜいたくに使って変化に富んだフォルムを特徴にしており、秋冬はシャープなカットで新しい魅力を広げた。

 ブラウスで人気の袖にボリュームを出したシルエットも継続しているが、今シーズンは胸元の表情に着目し、すっきりした量感で重ね着のしやすいアイテムを充実させた。襟を付けずにラウンドネックにしたブラウスは、フリルを重ねたハートのモチーフで装飾する。そぎ落としたシンプルな形に、遊び心をめいっぱい感じさせるビッグサイズのハートのバランスが楽しい。重ね着したジャケットを脱いだ時に、キュートな女性らしさが際立ちそうだ。透明感のあるメッシュの長袖トップには、ミニ丈のプリーツスカートが付いたビュスティエを合わせる。直線的なパターンでバスト下はカットアウト。制服のように清楚(せいそ)でありながら、センシュアルなムードも感じさせる。

イサム・ノグチの石庭で行った展示会

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop