ルイ誕生200周年 ヴィトン家邸宅で展覧会

2022/01/04 11:00 更新


Medium %e3%83%99%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%bc b%e3%81%ae%e4%bd%9c%e5%93%81 %e2%92%b8louis vuitton
ベンジー・Bの作品(ⒸLOUIS VUITTON)

 「ルイ・ヴィトン」の創業者ルイ誕生200周年を祝う、「200点のトランク、200名のビジョナリー」展が、パリ郊外アニエールにあるヴィトン家邸宅内のギャラリーで開かれている。ここでは200人のアーティスト、メゾンの友人、ビジョナリー(先見の明があるクリエイター)による、ルイ・ヴィトンを象徴するアイテム「トランク」からスタートしたクリエイションが一堂に鑑賞できる。

ロボットトランク「ムッシュ・ルイ」も展示(ⒸLOUIS VUITTON)

 ルイが1850年代に開発したトランクを原型にした50×50×100㌢のボックスを、200人のクリエイターたちがキャンバス、オブジェやスクリーンなど、それぞれの手法で作品にした。それはまさに、ふたを平らにすることでトランクの構造を再構築し、産業に革命をもたらせたルイへのオマージュ。単に200人という数字ではなく、アスリート、科学者、ミュージシャン、占星術師、ドラッグクィーンなど多岐にわたるコントリビューターが、トランクを通しそれぞれの先見性を表現する。

 フィジカルとデジタルで制作された作品があり、展示会場はオリジナルアートピースとスクリーンパネルで覆われた「マジックボックス」が入り混じる。赤い一室に置かれたトランク、その中は本物のジュークボックス。ベンジー・Bによるこの作品は200曲をプレゼントしてくれる。

 本展は慈善事業として展開する「ルイ200」プロジェクトの一環で、全ビジョナリーから今回の報酬金額200万 ユーロ が、若者の創造性を育む複数の非営利団体に寄付された。また展示作品はニューヨーク、東京をはじめ各都市を巡回後オークションにかけられ、全収益金がルイ・ヴィトンの奨学金プログラムに充てられる。

(パリ=松井孝予通信員)

「レゴ」 仏アトリエと7人の子供たちの共作 レゴブロックのバースデーケーキ(ⒸLOUIS VUITTON)



Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop