《アップデート進む国内ヤーン㊦》BP繊維の活用増える ウールやシルクも新素材が続々

2024/02/28 12:00 更新有料会員限定


BPを使った特殊糸を紹介した長谷虎紡績

 新原料を使った開発素材では環境配慮、生分解などサステイナブル(持続可能な)の側面も持ち、さらに際立った特徴を持つ素材への関心が高まっている。

【関連記事】《アップデート進む国内ヤーン㊤》求められる環境配慮と汎用性の両立

技術を高め質感向上

 その一つが人工たんぱく質「ブリュードプロテイン」(BP)だ。スパイバーが開発したBPは、国産技術として注目され、その可能性から多くの資金を集めている。豊島もスパイバーと共同研究契約を結び、素材開発を後押ししている。今回のジャパン・ヤーン・フェア(JY)でも新素材の一つとしてBPを紹介した。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ランキング形式のデータブック
プレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定連載



この記事に関連する記事