仕事の流れを知る ―目標・行動を検証し、整理整頓―

2017/08/05 04:45 更新


Medium shutterstock 204930955

社会人として仕事をしていく上で、仕事の流れを覚えることはとても大切なことです。勤務先や仕事内容などによって多少の違いはありますが、仕事をする上での基本的な流れを見ていきましょう!

流れを覚えれば、きっと仕事がしやすくなるはずです。


仕事を追いかける


すべての仕事には背景があり、計画から始まります。

1年間をかけて進めることも、1ヵ月、週単位の目標でも同じ。会社から与えられた計画だけでなく、店長や教育担当の先輩が与える課題もあります。その計画に沿って仕事をすることが求められます。

計画通り進んでいる仕事、進んでいるけれど目標には至っていない仕事、まだ手もつけていないことなど、全体が見えれば、上司、先輩に課題の克服方法を聞くこともできますし、優先順位の変更、修正も可能になります。

仕事は追われるとつらく、不安になるものです。仕事の流れ、自分の位置を知って、毎日の仕事を楽しみましょう。


認識のズレをなくす


ショップはチームで動いています。スタッフそれぞれに役割分担があり、新人でも何らかの役割を担っています。

あなたの行動が計画に沿っていないことで、ショップ全体の目標達成も遅れてしまうかもしれません。上司と自分、あるいはチーム全体の認識のズレをなくしながら進めていくことが仕事をスムーズに運ぶコツ。

ショップ全体は一人一人のできることを数多くすることでパワーアップになります。

「上司が仕事を教えてくれない」と悩んでいる人を見かけます。そんな風に感じている人は、自分から経過や結果を報告することを勧めします。「今日、私はコレをします」「指示された仕事は今日中に終わります」「この仕事が終わったら、次にこれをしていいですか」など。きっと、先輩や上司も自分の役割に気づいてくれます。


“プラス15分”の計画を


開店の準備や午前・午後の業務、閉店後の作業など 一日の仕事も、その流れを理解して行動しましょう。

やるべき仕事に優先順位を決めて、ぎっちり詰め込まず、「仕事に必要な時間+15分」で計画を立てるのが基本。

+15分は整理をしたり、確認したりする時間にあてます。時間を自分のものにすることが、仕事に追われないコツです。予測しないことを上司から頼まれても対応できる余裕が生まれます。

自分自身の準備は前日の夜から始まります。

  1. 明日の自分をイメージし、
  2. 何をするか、
  3. 誰と会うか(どんなお客様が来店する予定か)

を考えて準備します。

外は猛暑でも店内はエアコンが利きすぎているかもしれません。天候や気温を考慮しながらスタイリングを考えましょう。バッグの中身も前日に確認を。

翌朝は鏡の前で全身をチェックし、若干の修正をするくらいに。ファッションの仕事は気分作りが大切です。余裕を持って早めにショップに入るくらいがちょうどいい気分のはずです。


あなたの将来設計のプランナーはあなた自身です。自分自身の目標、行動を検証し、整理整頓することを覚えましょう。

「繊研新聞」の新メディア、ファッション販売職のための使えるニュースアプリ「サプリ」よりこのコンテンツが載っているアプリのダウンロードはこちら。

アップストアバッヂDownload_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40google-play-badge (ネットデジタル用)mini 

「販売 by SAPLi」とは…
繊研新聞社がファッション販売職向けに提供するスマートフォンアプリ「SAPLi」(サプリ)掲載記事を紹介する専用カテゴリーがオープン。週末を中心に更新していきます。

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop