《新JIS衣料サイズと日本人の体形㊦》市場の変化を反映 サイズの幅を拡張

2023/03/24 13:00 更新有料会員限定


 14~16年の人体計測の調査では、改正前のJISで基づいていた92~94年のデータ以来、20年以上ぶりに日本人の体形データを取得した。一方で、日本市場の消費者の属性や需要、それに対応する企業側の製品作りにも近年は変化がある。今回の改正にあたりJIS(日本産業規格)衣料サイズ原案作成委員会分科会委員長を務めた、日本女子大学の大塚美智子名誉教授は、そうした変化についても調査し検討したという。

【関連記事】《新JIS衣料サイズと日本人の体形㊥》3D計測から見た体形 パターンへの落とし込みもデータで効率化

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定



この記事に関連する記事