注目度急上昇の国内ブランド 独自の切り口で引き付ける

2021/06/03 06:27 更新会員限定


Medium ld%e4%b8%ad%e7%b6%bf%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88short

 コロナ渦でファッション消費が停滞するなか、独自の切り口で注目されている国内ブランドがある。モダンなデザインとサステイナブル(持続可能)な取り組みで抜きんでる「CFCL」、デニムパンツのみのコレクションを発表した「リヴィントーン」、クチュールのように立体感のある服で顧客を増やす「ラドロー」。セレクトショップのウィメンズバイヤーが、繊研新聞社が行うアンケートなどで秋冬の注目ブランドに挙げている。たくさんのアイテムを作るのではなく、作り方や素材を絞り込み、ブランドの〝らしさ〟を際立たせる。そんなシンプルで分かりやすい発信が強みになっている。

(青木規子)

■着るだけでさまになるニット

 CFCLは2シーズン目にして、認知度がかなり高まった。ニットで形作るモダンなデザインと、物作りに対するサステイナブルな考え方。それらを両軸に、インパクトのあるコレクションを発信している。多くの店が取り扱い始める理由は、強弱のあるフォルム。服がもたらす高揚感があり、日常を楽しく彩ってくれる。同時に、透明性の高い誠実な取り組みが共感を呼んでいる。

関連キーワード無料会員限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop