伊勢丹新宿本店 2階に化粧品売り場を新設

2019/09/26 06:28 更新


Medium dsc00249

 伊勢丹新宿本店は25日、2階化粧品売り場をオープンした。新設した2階と既存の1階を加えて2層化し、面積を1.5倍に拡大。1階は11月20日に改装オープンする。

【関連記事】伊勢丹新宿本店 宝飾品と婦人靴売り場を改装オープン

 2階は国産、外資系の2ゾーンに分けたスキンケアと美容機器の約30ブランドを揃える。スキンケアは日本発のグローバルブランド「センサイ」、EC発の唯一の直営店となる「ディセンシア」、美容機器はヘアドライヤーなどの「バイオプログラミング」、「ダイソン」を新規導入した。

 顧客の様々なニーズに対応した販売サービスを拡充する。「目的買いの商品を素早く購入したい」というニーズに対してクイックカウンターを国産ブランドを中心に新設。一方で売り場の3割を接客スペースに充ててカウンセリング販売を強化する。肌測定システムからトリートメントまでを体験できるサービスを充実する。「自分に合った商品・ブランドを知りたい」に対してはデジタルテスターを設置して顧客自身が検索して商品を選ぶことができるほか、ボーテコンシェルジュが常駐するカウンターを設置してブランドの垣根を越えたサポート体制を整える。

 化粧品売り場の拡大は、顧客ニーズに対するMD構成のバランスを修正するのが狙い。18年度の化粧品売り上げは12年度の実績に比べて2倍に拡大しており、既存の売り場が手狭になっていた。インバウンド(訪日外国人)だけでなくミレニアル世代の新規顧客を獲得しており、ニーズや買い方の変化に対応して、買いやすさ、体験価値の向上に結び付ける。

 1階はメイクアップ、フレグランスを品揃えする。各ブランドでテスタースペースを拡大するほか、メイクアップアーティストによる最旬のアドバイスを受けられる体制を整える。

国産と外資系の2ゾーンに分けたスキンケア(2階)

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop