《ファッションビジネスは今、何をすべきか》ビームス 設楽洋社長 ヒトに焦点当て、生き残る方法考える

2020/02/22 06:30 更新有料会員限定


Medium img 013  1

◇業界に見え始めた歪み

ファッションの商売は厳しくなる。19年はその予兆を感じたという。

 人手不足が続き、日本の人口も減少しているのにいまだにハコ(商業施設)がどんどんできている。長続きするものではないですよね。楽天にアマゾン、ゾゾタウンを擁するヤフーと、ECモールの3強がしのぎを削る時代に、リアル店が多すぎる。このままだと、お客さんの数よりスタッフの数の方が多い店が出るかもしれない。1人のお客様が1日に3回着替えて、10回外食しないと服屋も飲食もやっていけない状況になる。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop