柚木治ジーユー社長 「ファッションは不滅」

2020/08/12 06:30 更新有料会員限定


Medium %e6%9f%9a%e6%9c%a8%e7%a4%be%e9%95%b7

 ジーユーは7月、服の作り方、売り方に関する新たなコンセプト「ワントゥーメニーワードローブ」を発表した。20~21年秋冬物から、旬の服が季節や着用シーンを問わず、長く着回せることを訴求する。消費者の要望や期待に沿った試みだ。同社にとっても効率的な販売が可能で、サステイナブル(持続可能)でもある。「お客様や社会との三方良しを目指した取り組み」(柚木治社長)だ。新コンセプトの背景から、今後の課題や展望までを聞いた。

(友森克樹)

客、社会と三方良しに

 今、ファッションが不要不急であるというような論評がありますが、私はそうじゃないと実感しています。20年3~5月のEC売上高は前年同期の2倍。6月の既存店売上高は前年同月比16.4%増で想定を上回る回復でした。一貫して売れていたのはトレンドファッションで、その構成比は高かったです。腰回りが楽なワンピースやゆったりはけるシェフパンツなど、着心地に配慮したトレンド品が好調でした。

 一方、ファッションにはあまりお金をかけられない、かけずに楽しみたい。そうしたニーズは高まっています。そして現代人はとても忙しい。サステイナブルの重要性も高まっている。こうした現状を踏まえ、新コンセプトの提案に至りました。旬の商品が着こなし次第で季節を問わず、長期間にわたって楽しめることを発信します。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop