すぐ手に取る、タグ見てる… お客のしぐさ別攻略法1

2017/11/25 04:30 更新


Medium 123

何気ない所作に、心の内が現れる__。今日は、商品を選ぶシーンでよく見られるお客様のサインにフォーカス。それぞれのしぐさに隠されたお客様の心理を読み解き、買いたい気持ちを後押しする接客応対を見ていきましょう。

(出典:リテールコミュニケーションサービス「レックスタッチ」)


ターゲットScene1.商品をすぐに取り出す


入店して、まっすぐに商品に近づき、手に取るお客様は、自分に似合うものを自分で選ぶタイプです。姿勢も良く、動きにも切れがあります。

自分に合うものは、自分が一番わかっているという考えのお客様です。見ればわかるような商品情報を伝えるのは、無駄なばかりか、「このスタッフは、話にならない!」と却下されます。美しい所作、仕草を保ち、鏡や試着室をさりげなくご案内します。

ターゲットScene2.商品を端から触る


ゆっくりと端から商品を触っているお客様は、慎重に選ぶお客様です。手触りなどを確かめながら、迷っています。

笑顔でお客様な歩み寄ります。「手触りがよろしい商品です」と共感を伝えます。お客様を無視しないことが大切です。このタイプのお客様は、ゆっくりと選びます。早い段階での過剰な商品情報の提供は控えます。急かされていると感じると、回れ右をしてしまいます。

ターゲットScene 3.商品のタグを見る


素材、サイズ、取り扱い方法、生産国などを気にするお客様です。セレクトショップなどでは、商品ブランドを気にする場合もあります。

このタイプのお客様には正確な情報提供を心がけます。「麻素材は、シワになることを楽しんでいただきたいですね」のように、お客様の関心を高める説明を加えると効果的です。

「繊研新聞」の新メディア、ファッション販売職のための使えるニュースアプリ「サプリ」よりこのコンテンツが載っているアプリのダウンロードはこちら。

アップストアバッヂDownload_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40google-play-badge (ネットデジタル用)mini 

「販売 by SAPLi」とは…
繊研新聞社がファッション販売職向けに提供するスマートフォンアプリ「SAPLi」(サプリ)掲載記事を紹介する専用カテゴリーがオープン。週末を中心に更新していきます。

Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop