沖縄のフードリボン バナナの茎から繊維の抽出を開始

2022/06/30 06:30 更新有料会員限定


Medium %e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%8a%e3%81%ae%e8%8c%8e%e3%81%aa%e3%81%a9%e3%81%8b%e3%82%89 %e7%94%9f%e7%94%a3%e8%be%b2%e5%ae%b6%e3%81%ae%e9%a1%94%e3%81%8c%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b%e7%b9%8a%e7%b6%ad %e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%82%92%e6%b2%96%e7%b8%84%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a %e5%be%aa%e7%92%b0%e5%9e%8b%e7%a4%be%e4%bc%9a%e3%81%ae%e5%ae%9f%e7%8f%be%e3%82%92%e7%9b%ae%e6%8c%87%e3%81%99
バナナの茎などから「生産農家の顔が見える繊維」の仕組みを沖縄からつくり、循環型社会の実現を目指す

 循環型社会の実現を目指すフードリボン(沖縄県大宜味村)は、パイナップルの葉やバナナの茎など農作物の副産物から高品質な天然繊維を効率よく取り出す特許技術を開発した。5月から沖縄県東村でバナナ収穫後に残された茎から繊維の取り出しを開始、初回確保量1トンの繊維を取り出す。パイナップルの葉からの繊維抽出は、沖縄美ら島ファームなどの生産者やJA沖縄の協力で北部地域の農家からパイナップルの葉を調達し、繊維を生産する計画だ。果実の収穫期を待って6月から始め、現在約30トンの葉の確保を予定している。

(大竹清臣)

【関連記事】フードリボンとシーアイランドクラブ 沖縄で海島綿を試験栽培

新たな産業築く

 パイナップルの葉やバナナの茎は、果実の2倍以上の量があると推計されるが、これまで果実の収穫後には9割以上が捨てられていた。その葉や茎から衣料向けに高品質な繊維が抽出できたことで、繊維素材をアパレル企業に販売が可能になった。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワードサステイナブル電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop