【ファッションとサステイナビリティー】デュポン 「ソロナ」の活用に広がり

2020/11/30 05:00 更新


Medium f 12116 naiatm  sorona image prf1

 デュポンは、植物由来原料使用のPTT(ポリトリメチレンテレフタレート)樹脂「ソロナ」の用途を広げている。サステイナビリティーだけでなく機能性や風合いに優れる点を打ち出す。

 ストレッチ性とキックバック性を持つ環境配慮素材として、スパンデックス代替での採用が進む。リサイクル性や、高温、薬品に対する耐久性も特徴。デニムなどデイリーアイテム向けにさらなる拡大を見込む。

 秋冬素材ではフェイクファーが好調だ。アパレルのほかにバッグ用途に広がっている。合繊特有のぎらつきが少なく天然の毛皮に近い外観と、柔らかさが評価されている。アウター、中わたにも引き合いが増えている。

 独自の生地認証プログラム「ソロナ・コモンスレッド・ファブリック・サーティフィケーションプログラム」では、今年4月から半年で、100以上の生地メーカーが参画した。認証した素材は1000品番を超えた。

 協業にも取り組む。米イーストマンのジアセテート繊維「ナイア」と組み合わせ、ドレープに優れたドレス向け素材を開発した。超臨界染色機メーカーの蘭ダイ・クーとは、ソロナを使った生地に二酸化炭素による無水染色を施した。

「ナイア」と組み合わせた「ソロナ」

(繊研新聞本紙20年11月25日付)

ファッションとサステイナビリティー トップへ戻る

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

Btn gotop