【ファッションとサステイナビリティー】蝶理  合繊から天然繊維まで多様に

2020/08/05 05:00 更新


Medium %e8%9d%b6%e7%90%86 %e3%82%b5%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%8a%e7%b4%a0%e6%9d%90

 蝶理は合繊から天然繊維まで多様なサステイナブル素材を揃える。

 透明度が高く高品質な日本製ペレットの特性を持った再生ポリエステル糸「エコブルー」は原着糸や非フッ素タイプの撥水(はっすい)糸も揃え、GRS(グローバル・リサイクル・スタンダード)認証の環境配慮型商材として打ち出す。天然素材ではウズベキスタンのフェルガナ盆地で採れる高白度なオーガニックコットン「ミレニアムオーガニック」を訴求。なめらかな風合いと発色性の良さが特徴で、「エコテックススタンダード100」認証と生産における労働環境に関する認定プログラムや行動規範のBSCI(ビジネス・ソーシャル・コンプライアンス・イニシアチブ)認証もクリアしている。BCI(ベター・コットン・イニシアチブ)認証の「イスラエルギザコットン」もある。

 伊のダウンメーカーのミナルディから輸入した、カポック原料を生かした「フラワーダウン」も提案。カポック混率10%と20%を揃える。繊維が空洞になっているために軽量で、寒い時には湿気を吸い発熱し、熱い時には湿気を放出して快適な着心地を保つ。自然植生のカポックから採れる原料を使用し、森林の保全に貢献する。

環境配慮型で高品位な商材を揃える

(繊研新聞本紙20年7月28日付)

ファッションとサステイナビリティー トップへ戻る

関連キーワードサステイナブル


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop