【FBプロフェッショナルへの道⑪】アパレル編① 成長軌道の一方で懸念材料も

2024/04/12 14:00 更新有料会員限定


 アパレルメーカーは服を百貨店や量販店、専門店など小売業へ卸売りするほか、直営店でも販売しています。近年はEC販売も伸びていますが、コロナ禍を経て、実店舗に客足が戻るなど、リアルの客との接点の存在価値を改めて認識し、新規出店や実店舗とECを相互送客するOMO(オンラインとオフラインの融合)型に取り組む動きも出始めています。

【関連記事】【FBプロフェッショナルへの道⑩】川上編㊦ 新しい素材や技術の進化は?

コロナ前には戻らず

 Q. 国内のアパレル市場や現状は

 A. 日本のアパレル市場は91年のバブル崩壊以降、小売価格換算で当時の約15兆円規模から低迷が続いています。コロナ禍ではさらに市場規模が縮小しましたが、21年は大きく落ち込んだ20年の反動で増加し、22年は繊研新聞社の推定で前年比4.1%増の約8兆8850億円となりました。

 繊研新聞社が行っている全国アパレル業績アンケート調査(対象は22年4月~23年3月に迎えた決算期)の22年度では、前年と比較可能な194社の売り上げ合計は前年度比10.2%増で、21年度の1.7%増から大幅に伸びています。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定ピックアップニュース連載



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事