《重要性高まるファッションロー⑧》「グリーンウォッシュ」に注意

2023/06/07 10:59 更新有料会員限定


 ファッションローのガイドライン「ファッションローガイドブック2023」の第5章は「サステナビリティについて知っておくべきこと」。サステイナビリティー(持続可能性)への対応は「ファッションビジネスを行う上で、外せない。昨今の流れの中で、ガイドラインでも大きなテーマに据えた」(ガイドライン作成のワーキンググループの副座長を務めた海老澤美幸弁護士)。

【関連記事】《重要性高まるファッションロー⑦》ライセンス契約、EC開設の注意点

 まず、「サステイナブル(持続可能)なブランドを目指す」ためには「ファッションを取り巻く現状を知り、意識を持つことが重要」と強調。その上で、海外事業も念頭に入れ、「環境や人権に配慮した取引先の選定」「素材や原材料の供給元の把握」「トレーサビリティー(履歴管理)と透明性の確保」が必要とした。併せて、「残在庫などのリサイクル、アップサイクル、リユースを視野に入れたシステムをつくる」ことを提起。強制労働、児童労働、ハラスメントの禁止など「適正な労働環境の整備が不可欠」とした。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

申し込み当月購読料
無料キャンペーン実施中

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定連載サステイナブル



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事