繊維メーカー 猛暑対策提案が加熱 機能品の訴求強化

2019/08/21 06:27 更新会員限定


Medium %e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%9c%e3%82%a6 %e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%88 %e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc %e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af %e3%81%ae%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%87%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%b9

 当初は冷夏と言われた今年も、梅雨明けから一転、真夏日が続いている。年々高まる猛暑対策のニーズに対し、繊維メーカー各社は吸放湿や遮熱などの機能を備えた素材・製品の訴求を強めている。

(小島稜子)

 ユニチカトレーディングは、素材を中心に作業服用、産業資材用など用途別に提案。今年は猛暑に伴う虫害防止と、皮脂汚れ除去の効果を持つ素材を増やした。人気は、スポーツシャツ向けが主流の高吸放湿ナイロン「ハイグラ」と吸水拡散ポリエステル「ルミエース」を使った「レスキューシャツ」。優れた吸放湿性を持ち、消防隊やレスキュー隊での採用実績もある。


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop