《欧州グリーンディール~持続可能な循環型繊維製品のために㊤》欧州委員会ショーマッカー担当局長に聞く ビジネスで創造性の発揮を

2024/02/26 08:00 更新有料会員限定


「循環経済ではイノベーションと持続可能性は両立する」

 EU(欧州連合)のサステイナブル(持続可能な)政策が注目されている。繊維・ファッション分野における持続可能な製品のための「エコデザイン規制」の見直しや、グリーンウォッシングへの対策「グリーンクレーム指令」など、SDGs(持続可能な開発目標)に関する国際的な議論と実践を常にリードしてきた。EUの行政機関にあたる欧州委員会は、30年に向けて「ファストファッションは廃れるべきである」とのビジョンを掲げている。欧州委員会環境総局のグリーン外交・多国間主義局のアストリッド・ショーマッカー局長に「欧州グリーンディール」の今後の戦略や具体策、EUの繊維産業の在り方について聞いた。

(北川民夫)

 ――今回の来日の目的は。

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ランキング形式のデータブック
プレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

キャンペーン詳細はこちら購読案内はこちら

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定ピックアップニュース連載



この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事