「エンジニアド・ガーメンツ」21年秋冬 ポジティブ気分のアウトドア

2021/02/05 11:00 更新


Medium  %e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%83%89 %e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%84 21%e5%b9%b4%e7%a7%8b%e5%86%ac%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3 %e3%83%9d%e3%82%b8%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%96%e6%b0%97%e5%88%86%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88%e3%83%89%e3%82%a2

 「エンジニアド・ガーメンツ」の21年秋冬コレクションのテーマは、アメリカンクラシックアウトドアライフスタイル。新型コロナウイルスでキャンプやハイキング、釣りをする人が増えたことに着目し、ヘンリー・デイヴィッド・ソローの著書「ウォールデン 森の生活」からインスピレーションを得た。

【関連記事】エンジニアドガーメンツ マイルス・デイビスに着想

 デザイナーの鈴木大器自身、高校のときは山岳部で、当時「ザ・ノース・フェイス」のベストを買ったという。

 昔のアウトドアウェアによく使われた明るい赤、グリーン、ブラウンを随所に取り入れたコレクションは、ポジティブな空気が漂う。素材はウールっぽい風合いのポリエステルなど軽くて乾きやすいものを選び、ゆったりしたフィットに仕上げた。

 立たせると首を覆うラウンドカラーのクルーザージャケット、アウトポケットをたくさん付けたフィールドベストなど、機能的なアイテムが揃う。大きく入れたペーズリー、バンダナ、チェック、フェアアイルの柄が楽しさを添えた。


(ニューヨーク=杉本佳子通信員)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop