「エンジニアドガーメンツ」 刺繍の可愛い花が主役

2019/08/14 10:58 更新


Medium eg

 「エンジニアドガーメンツ」の20年春夏コレクションの主役は、可愛らしい花だ。デニムにパステルカラーで刺繍した生地をインドで作った。「フランスのワークウェアっぽいのをやりたかった」とデザイナーの鈴木大器。アメリカっぽいスーツやミリタリージャケットを着ていたというフランスの作家、ボリス・ヴィアンからもヒントを得ている。

【関連記事】エンジニアドガーメンツがウォッカでコラボ(杉本佳子)

 トリコロール、ロイヤルブルー、フレンチアーミーの気分を、いつものワークウェアとミリタリーにさりげなく落とし込んだ。ポリエステルのマイクロファイバーやレーヨンにプリントしたハワイアン調の花、黒地に白で小花を入れたジャカード、パステルカラーのストライプに花を重ねた柄もある。

 古着を壊して糸に戻して作ったアップサイクル素材はグアテマラ製。デニム、キャンバス、シャンブレーがあり、優しいニュアンスの色が揃う。

エンジニアドガーメンツ20年春夏

(ニューヨーク=杉本佳子通信員、写真=エンジニアドガーメンツ提供)


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop