デザイナーブランドの中国ビジネス 尾を引くロックダウン

2022/08/05 06:30 更新有料会員限定


Medium pitti immagine uomo
6月のピッティ・イマージネ・ウオモにも中国からの来場者はほとんど見られなかった

 デザイナーブランドの中国ビジネスに試練の時が訪れている。中国政府のゼロコロナ政策に伴うロックダウン(都市封鎖)などで経済が混乱した結果、22年春夏と22年秋冬の立ち上がりともに大きくずれ込んだ。春夏の消化が遅れた小売店からは、秋冬商品の未引き取りや23年春夏のオーダーをしないといった要請が起こっている。海外市場での中国偏重のリスクの高さが浮き彫りになった。

(小笠原拓郎)

 「23年春夏の中国でのオーダーが激減しそうだ」。日本の若手から中堅デザイナーブランド数社で共通して聞いた話だ。海外での取引先で中国市場が主力だったブランドは、大きな打撃を受けると見られる。

打撃受けた小売店

この記事は有料会員限定記事です。繊研電子版をご契約すると続きを読むことができます。

ログイン契約して読む

会員の方はこちらからログイン

関連キーワード電子版購読者限定


Bnr counter agreement
Bnr denshiban

この記事に関連する記事

このカテゴリーでよく読まれている記事

Btn gotop